D-Exp企画ガイドツアー チケット アクティビティー 宿泊 ログイン/登録
大阪観光局

中崎町

阪急梅田の北側に位置する中崎町は、おしゃれなカフェや雑貨屋、古着屋等が立ち並ぶ繁華街です。第二次世界大戦中、大阪市は何度か空襲を受け、多くの地域が焼け野原となる中、中崎町は空襲を免れたことや、壁を共有して数軒の住まいが連なっているという長屋の特徴的な構造のため、一戸ごとの建て替えが困難であったことから、築100年以上の古民家が多く残っています。長屋や古民家で生活している住民の高齢化や空き家が増え、一昔前はほとんど人が来ない寂れた町でありましたが、2001年に「Salon de Aman To天人」というカフェから中崎町古民家改造プロジェクトが始まりました。延べ1100人のボランティアを集めて行われた「空き家再生パフォーマンス」は多くの人の注目を集め、おしゃれなカフェが集まる昭和時代にタイムスリプしたような町として人が集まる町に変貌を遂げました。また、最近では、韓国、台湾等、東アジアからの訪日外国人旅行客の姿も見られるようになりました。梅田から徒歩20分圏内ということもあり、アクセスしやすい場所です。

住所

〒530-0016 大阪府大阪市北区中崎

アクセス

Osaka Metro谷町線「中崎町駅」

  • お役立ち情報

    阪急梅田から徒歩約10分の中崎町にはカフェだけでなく、バーや美容室が立ち並んでいます。また、町にはゲストハウスも出店するようになり、日本人だけでなく、訪日外国人の姿も見受けられるようになりました。中崎町の「葉村温泉」は北にある昔ながらの銭湯で、午後3時から午後11時まで営業しています。梅田から徒歩で中崎町に行き、中崎町でランチを食べ、ゆっくりした後、銭湯に入浴し、近くの天神橋筋商店街を散策するのがおすすめコースです。

口コミ(0)

口コミを書く

現在口コミはありません

おすすめの体験はこちら

近隣のスポット