アクティビティ ログイン/登録

備北エリア(帝釈峡/雄橋)のガイドツアー/チケット/アクティビティ

エリア情報

備北エリア(帝釈峡/雄橋)のエリア情報

備北エリアは、広島県北東部にある旧備後国北部一帯の事を指します。中国山地に囲まれており中国地方の中心にもなっています。国定公園帝釈峡は、峡谷の中にあり紅葉のシーズンには多くの観光客が来る観光スポットです。石灰岩台地が侵食されて作られたカルスト台地や鍾乳洞によって自然に出来上がった巨大な天然の橋、雄橋など自然の美しさを堪能できるようになっています。遊歩道も完備されており手軽に行けるようになっており、山野草観察などもできます。人口の湖である神龍湖もあり遊覧船やカヤックに乗って観光することも可能です。国営備北丘陵公園もあり、夏はキャンプ場、冬は雪が積もる観光地になっています。最近できた里山の駅 庄原ふらりでは、広場やレストランなどと一緒にイベントなどが多数開催されており人気です。広島三次ワイナリーや奥田元宗・小由女美術館もあり、大自然を楽しみたい人に人気の観光スポットです。スキー場も多いため、冬には全国からスキーやスノーボードを楽しみに来る人でにぎわっています。

備北エリア(帝釈峡/雄橋)の歴史・文化情報

旧備後国北部と言われるエリアで、北備や奥備後とも呼ばれています。大半が山間部のため、範囲は広いものの人口は少なく、過疎地域の多いエリアになっています。中国山地に囲まれており名峰が多く点在し、スキー場も多い場所です。荒木家住宅や堀江家住宅、宝蔵寺宝篋印塔や円通寺本堂 附厨子などの重要文化財も多く、古墳も多く見られます。冬には壮大な土地を生かした備北イルミと呼ばれるイルミネーションが出来上がり、約70万球の電球が冬の備北を照らしています。

備北エリア(帝釈峡/雄橋)の観光情報

備北の観光名所といえば帝釈峡が一番にあげられます。国の名勝に指定されている峡谷で、石灰岩でできたカルスト台地を侵食したことで出来上がった、巨大な橋やトンネルなど自然の美しさを堪能できるようになっています。白雲洞という鍾乳洞もあり、神龍湖と呼ばれる人口湖を観覧船などで楽しむこともできます。丘陵地を生かした国営備北丘陵公園では大型遊具や芝生広場があり、冬にはちびっこゲレンデにもなります。わら細工やそば打ち体験などもできるようになっています。

備北エリア(帝釈峡/雄橋)の交通・アクセス情報

備北エリアの交通機関はJR、バス、車になります。帝釈峡に行く場合だとバスかJR、そこからタクシーに乗るようになります。レンタカーを借りると東城ICから車で15分になっています。備北交通だと季節によって色々なイベントに合わせて直行バスや、ツアーなどを開催しているのでツアーに参加すると観光を巡りやすくなっています。備北エリアだと路線バスが少なく、公共機関だけで観光しようとすると少し大変になってきます。

備北エリア(帝釈峡/雄橋)の体験情報

帝釈峡は自然が沢山残る場所なので様々なアクティビティが沢山あります。帝釈峡山荘では釣り堀やエアーガンシューティングがあり、神龍湖には観覧船が出ており、ガイドと共に観光するのもおすすめです。また、カヤックで神龍湖上流に行く事もできます。セグウェイに乗れるセグウェイ・ミニツアーもあり、歩いて断魚渓や雄橋、鬼の唐門などを観光することもできます。どのアクティビティも自然が多く残る場所なのでスニーカーで行くのがおすすめです。