アクティビティ ログイン/登録

安芸エリア(大和ミュージアム/うさぎ島)のガイドツアー/チケット/アクティビティ

エリア情報

安芸エリア(大和ミュージアム/うさぎ島)のエリア情報

最近話題のうさぎ島(大久野島)や、海上自衛隊呉史料館、大和ミュージアムなどがあり音戸渡船、音戸大橋など観光名所が凝縮されているエリアです。元々は全域が安芸広島藩領でしたが、平安時代に安北郡・安南郡に分かれました。観光名所が多いので連日のように観光客が多く、名物軍艦カレーや広島名物お好み焼き、瀬戸内レモンケーキなど食に関する発展も遂げています。酒蔵通りがあり赤煉瓦煙突、白壁などが目立ち酒の匂いがすることもあります。大久野島では大久野島毒ガス資料館などがあり船で渡って観光するようになっています。筆の里工房では、広島筆のほとんどが作られており実際に見学したり体験したりもすることができます。昔懐かしの温泉街が再現された神楽門前湯治村があり、温泉をはじめエンターテインメントを存分に体感することができるようになっています。観光客向けに頑張っているエリアなので、どこに行っても楽しめるのが特徴です。国内、海外からも多い人気の観光スポットです。

安芸エリア(大和ミュージアム/うさぎ島)の歴史・文化情報

このエリアにある大久野島は、戦争中毒ガスを作っていました。戦争が終わると同時に必要なくなり島は無人島になり国は島自体を隠蔽し、手つかずのまま時間が過ぎていきました。その間に小学校にいたうさぎが逃げ出し、繁殖し今では900羽から1,000羽もの野生のうさぎが居ます。現在では休暇村と毒ガス資料館、大久野島ビジターセンターがありますが基本的に無人島のままです。夏は休暇村でプールなども開かれ、連日観光客が押し寄せています。また、大和波止場などもあり海上自衛隊ファンが多くやって来ます。

安芸エリア(大和ミュージアム/うさぎ島)の観光情報

安芸エリアの観光名所は、主に大和ミュージアム、海上自衛隊呉史料館、潜水艦あきしおなどの海軍エリアと、大久野島と神楽門前湯治村です。大和ミュージアムなどは隣接しており、すぐに全部回れるようになっています。大久野島はフェリーで渡るようになっていますが近いので、さほど時間は取られません。神楽門前湯治村は温泉もあり一泊、もしくは夕方から行くのがおすすめです。神楽なども楽しめるようになっているので、温泉に入って宿泊するのがいいかも知れません。

安芸エリア(大和ミュージアム/うさぎ島)の交通・アクセス情報

安芸エリアへの行き方は、基本的にJRとバスです。他はタクシーになります。他にはフェリーという手段もありますが、大阪などから行く場合にはJRかバスになります。目の前に着くので便利です。車で行く場合は、大阪方面の場合阿賀ICで降ります。九州方面からは呉ICになります。大和ミュージアム以外の観光場所は点在しているので、車が便利でしょう。大久野島に行く場合は船に乗るので駐車場に困るためJRが便利だと思います。

安芸エリア(大和ミュージアム/うさぎ島)の体験情報

安芸エリアには大和ミュージアムやてつのくじら館がある人気のエリアです。潜水艦あきしおなど本物の潜水艦が置かれていてテンション上がるスポットになっています。大和波止場には潜水艦・護衛艦などが代わる代わる船舶している姿を間近で見られる迫力クルーズがおすすめです。戦艦大和のドック跡も近くで見られるように近寄ってくれ、ガイドが説明しながら回ってくれるので分かりやすく迫力満点のアクティビティになっています。呉の歴史を海の上から体感することができる、呉でしかできない経験を是非どうぞ。