D-Exp企画ガイドツアー チケット アクティビティー 宿泊 ログイン/登録
大阪観光局

情緒あふれる古民家で『書道アート』を体験しよう

  • 情緒たっぷりの古民家で、書道を楽しめます
  • 日本文化の一つ、書道を、書家から学び、体験できます。
  • インテリアにもなるように、掛け軸にしてお持ち帰り頂けます。
  • 書きたいものをお手本として用意するので、簡単に作成できます。書家からのお土産つき。
  • 余った時間で、古民家の見学もできます。
施設名東大阪指定文化財 旧河澄家
開催日木、金、土、日
開催時間10:30、13:00
所要時間90~120分

プラン一覧

…即時予約 …リクエスト予約

古民家で、日本文化の書道アートを体験。 好きな文字を書いて掛け軸に飾ろう。

39.83USD
選択

開催日:木、金、土、日
開催時間:10:30、13:00
所要時間:90~120分

現地のプロに相談しよう!(無料)

大阪旅行のプロで最適な旅行プランの提案・手配を迅速に行います。

  • 大阪の面白い体験やガイドツアーを比較検討したい!
  • 大阪のディープな体験を教えてほしい
  • 体験やツアーの時間や人数を調整してほしい!など

マップ

住所

大阪府東大阪市日下町7丁目6番39号

アクセス

近鉄奈良線石切駅下車15分

体験情報

情緒たっぷりの古民家で、書道を楽しめます。

東大阪の指定文化財 旧河澄家は、古民家で昔の暮らしがごらんいただけます。開催場所は江戸時代上田秋成をはじめ、文化人が集ったといわれる旧河澄家の中のお部屋のひとつ『棲鶴楼』です。日本庭園をご覧いただきながら書道を体験できます。
情緒あふれる古民家で『書道アート』を体験しよう	情緒あふれる古民家で『書道アート』を体験しよう

日本文化の一つ、書道を、書家から学び、体験できます。

書道は古来の筆記用具である筆と墨を用いて、漢字やかな文字を芸術的に表現する日本の伝統文化の一つです。書道はリトグラフのように文字の整い具合の他、筆の運び方、墨の濃淡、全体の配置の美しさといった観点から鑑賞するものです。書道はもともと中国で発達したものですが、日本では6〜7世紀頃に筆、墨、紙の作り方などとともに中国から伝わり、本格的に始まりました。当時、日本の指導者であった貴族や武士には、不可欠な教養とされていました。時代とともに一般の人々の間にも広まり、現在では、芸術作品として鑑賞されるだけでなく、年賀状を筆と墨で書くなど、日本人の生活に溶け込んでいます。
情緒あふれる古民家で『書道アート』を体験しよう	情緒あふれる古民家で『書道アート』を体験しよう

インテリアにもなるように、掛け軸にしてお持ち帰り頂けます。

お土産物屋さんでは買えない紙の掛け軸に、書の作品を入れてお持ち帰りできます。お色は三種類。スーツケースにもかさばることなく持ち運びでき、お部屋に飾ることもできます。
情緒あふれる古民家で『書道アート』を体験しよう	情緒あふれる古民家で『書道アート』を体験しよう

書きたいものをお手本として用意するので、簡単に作成できます。書家からのお土産つき。

書きたい文字があれば、書家にお伝えください。お手本をお書きします。お手本を参考に、真似をして書いてみましょう。練習が終わったら清書です。色紙に思い切って書きましょう。また、参加者には書家から、はがきサイズの書がプレゼントされます。
情緒あふれる古民家で『書道アート』を体験しよう	情緒あふれる古民家で『書道アート』を体験しよう

余った時間で、古民家の見学もできます。

旧河澄家は、南北朝時代の応安二年(1369年)に入滅した日下連(くさかむらじ)河澄与市大戸清正(かわずみよいちおおえのきよまさ)に遡り、江戸時代には代々作兵衛(だいだいさくべえ)を名乗り、日下村の庄屋(しょうや:一村の長)を務めた旧家です。
長きにわたるその歴史の中で、文学に親しみ、地域の発展に貢献し、河澄家からも秀でた人物を輩出しました。
第15代当主・常之(つねゆき)は国文学者、 上田秋成 と親交があり、秋成の随筆『山霧記』にも河澄家を訪れたことが記されています。
第19代当主・雄次郎は、教育に熱心で、小学校設立に私財を投じて尽力しました。その雄次郎の孫に当たる、タカは明星派の歌人「石上露子(いそのかみつゆこ)」として活躍したとの記録があります。
情緒あふれる古民家で『書道アート』を体験しよう	情緒あふれる古民家で『書道アート』を体験しよう

注意事項

・館内は禁煙です。
・雨天決行。
・お子様参加の場合、年齢を前もって連絡。
・連絡なしのキャンセルはご遠慮ください。
・30分以上の遅刻は、レッスンが十分に受けられませんのでご了承ください。
・書道体験を終えられる時間には個人差があるため、90分から最高で120分程かかります。
キャンセルポリシー

おすすめの体験はこちら