D-Exp企画ガイドツアー アクティビティー 宿泊 ログイン/登録
大阪観光局

寿司職人のように握り寿司・デコ巻き寿司を作ろう!

  • 日本の食文化を直接手で感じられる!
  • 職人が丁寧にしっかりと教えます!
  • デコ巻き寿司も食べられます^^
  • 記念撮影のチェキ・レシピ・可愛いお土産付き♪

基本情報

施設名路地裏居酒屋とんぼ
場所大阪府大阪市中央区難波千日前13-6 大一ビル 1F
開催日不定休
開催時間10:30~12:00, 13:00~14:30
所要時間1時間30分

マップ

住所

大阪府大阪市中央区難波千日前13-6 大一ビル 1F

アクセス

大阪メトロ各線「なんば」駅から徒歩5分
南海線「なんば」駅から徒歩2分

プラン一覧

すし体験

49.32 USD
選択

・1時間30分

注意事項

キャンセルポリシー

体験ストーリー

みなさんは日本といえば何が思いつきますか?私は一番はじめにお寿司が思いつきました。日本に旅行に来た外国の方も、一回はお寿司を口にしたことがあると思います。
大阪で有名なお寿司屋さんや、回転寿司店には旅行客で賑わっているのをよく見かけます。

そんな美味しいお寿司を、実際に作ってみたいと思ったことはありませんか?

日本の家庭では “手巻き寿司”という、海苔にご飯とネタをのせて巻いて食べるお寿司を家で作って食べることはよくありますが、“握り寿司”は少し難しいので家ではあまりできないんですよね。。。

そこで今回は、家に帰ってからも真似できる “握り寿司”を実際に作る体験をしてきました。新鮮なネタを使って実際に作ってみましょう!

お寿司作り体験ができる場所は、なんばにある「路地裏居酒屋とんぼ」です!

大阪地下鉄各線「なんば」駅、もしくは南海電鉄「なんば」駅で降ります。地下鉄1番出口からは徒歩5分、南海線だと東出口から出て徒歩2分の距離です。
▼南海なんば東出口から出るとここに出てきます。
▼↑の目の前の横断歩道がこちら。向こう側にはみずほ証券が見えます。
▼横断歩道を渡って右に進むと、はなまるうどんが見えるのでそこを左に曲がります。
▼そのまままっすぐ行くと、左側に目的地の路地裏居酒屋 “とんぼ”に到着します。
▼中はこんな感じです!

中に入ったら担当の先生が笑顔で出迎えてくれました。

▼テーブルの上には今日の体験の準備がされていて、体験者用のユニフォームも用意されていました。

▼板前さんに変身〜
▼制服をきたら、お寿司の歴史と今日の体験の流れを簡単に説明してくれました!
▼手袋をつけて、いよいよ握り寿司体験の始まりです!
1つ目は先生がはじめに握り方を教えてくれます。

▼それに続いて、わたしたちも実際にやってみるんですが、横で先生が丁寧に教えてくれるのでやりやすかったです♪

▼きれいな形に握るコツも教えてくれます。
わたしも先生がしていた通り、見よう見まねでやってみたんですけど、意外ときれいに握れてテンションあがりました!

▼先生がたくさん褒めてくれるので、調子にのって職人っぽく。
 手袋が米粒だらけですが。(笑)

こうして8種類の握り寿司を握りました!

▼完成したのがこちら。
いやぁ、美しくないですか?先生が握ったものじゃないですよ!
素人のわたしでもこんな風にきれいに握ることができるんです♪

握り寿司8巻をにぎったあとは、デコ巻き寿司をつくります!
デコ巻きとは中身を工夫して断面に図面ができるように巻いたお寿司のことをいいます。

▼細い5本の巻き寿司を1本にします。
▼これを切ると、なにかの絵柄が出てきます、ドキドキ!
▼ジャジャーン!お花でした!(右上)
 (ちょっと失敗しちゃったけどOK!笑)
デコ寿司も完成したところで、いよいよ実食!
自分で作ったお寿司と一緒にと、お味噌汁もだしてくれました。

自分で握ったからなのか、普段より美味しく感じました!

ここから先はオプション、"日本酒3種飲み比べ"(別途1500円)

▼オプションで日本酒3種類を飲み比べできるものもあるそうです!
▼こんな風に日本酒をいれてくれます。

お寿司と日本酒で、日本の文化を存分に堪能できました!

▼最後に記念品のプレゼント♪

全ての体験が終わったら、チェキでの写真撮影と、お土産のミニすし桶とミニしゃもじ、巻きすのプレゼントをもらいました!さらに、今日の体験で作った握り寿司と提供していただいた味噌汁のレシピももらえるので、家に帰ってから家族みんなでお寿司パーティもできますよ♪


今回、初めて握り寿司を作る体験をしましたが、想像していたよりもっと簡単で楽しくすることができました!今日体験したことを生かして、友達みんなでお寿司パーティをしようと計画中です♪ 日本に来たからこそできる体験が、このお寿司作り体験なのではないかと思います。みなさんもぜひ、旅の思い出と技術を持ち帰ってください!
◆Writer:Mika